温泉にも極上の温泉とマガイモノの温泉がある - 旅行を楽しくする基本と応用

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

温泉にも極上の温泉とマガイモノの温泉がある

良い温泉って何でしょうか?
新鮮な温泉と古い温泉が有ります。

温泉ずきな私達日本人ですが、改めて“良い温泉とは”と
聞かれると、あれっ、てなってしまいませんか。

温泉には鮮度があるなんて!
って思いますよね。
温泉はもともと透明なものなのですが、
地下深くから、地表に出てきて空気に触れると、
酸化が起きて白濁するものがあったり、

鉄泉のように錆色に変化したりするのです。

何年か前に白骨温泉で「入浴剤」で白濁したようにしていると
言う事が話題になった事がありました。

これは、温泉が新鮮なうちは透明なのです。

時間がたつにつれて空気に触れて酸化して乳白色が
濃くなっていくのですが、早く白くしたかった!?

白く濁っていた方が良く効く感じがするのでそれで
入浴剤を入れてしまったのですね。

これは、おかしな話題でした。



温泉には、
源泉100%とか、かけ流し、とか言われるものが有ります。

源泉100%は文字通り水道水や川の水などを加えない
温泉なのですが、このときも空気に触れる機会が少ないような
なるべく湧き出ている場所に近いものがいいのです。

かけ流し、は温泉だけを使って湯船に引き込み、あふれたお湯は
再利用する事無く捨てられる温泉形態です。


まったくのマガイモノとは云いませんが、
温泉の湧出量が足りなくて、お湯を再利用している場合が有ります。

これが「循環式」の温泉です。
この「循環式」は約7割もの多くがあるそうです。

温泉に水を加えたり、加温したりして、それを循環させる
そんな温泉宿では、あぁ極楽極楽っていえませんね。

いい温泉やどのいい温泉を探し当ててください。

ここは記事下のフリースペースです
トラックバック

http://no1tabi.blog58.fc2.com/tb.php/10-43d56805

このレンタルサーバーがおすすめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。